ジャンプネタバレ『ワンピース』最新935話確定!4個目のロードポーネグリフの場所は鬼ヶ島?!

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新935話確定!
Pocket

本記事では、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新935話でルフィとクイーンがついに対決開始!?4個目のロードポーネグリフは鬼ヶ島にあった!?について詳しくご紹介していきます。

934話は、百獣海賊団の大看板クイーンが、兎丼の囚人採掘場にやって来たところで終わったところを見ても、これはルフィー激突か!?と期待させる展開でしたね。

さらには、4個目のロードポーネグリフが鬼ヶ島にある可能性が高くなってきただけに読者としてはドキドキが止まらないといった感じです。

だからこそこれからの展開、どうなっていくのか気になり過ぎますよね!

そこで今回は、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新935話でルフィーとクイーンがついに対決!?4個目のロードポーネグリフは鬼ヶ島にあった!?について詳しくお届けしていきます。

関連記事:ワンピース最新刊89巻発売日はいつ?表紙・値段の詳細も


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』最新935話でルフィーとクイーンがついに対決!?

 

クイーンが戦うのはルフィ?

934話の最後で囚人採掘場にやって来たクイーンが、935話以降で戦うことになるのはやっぱりルフィではないだろうか。

  • ルフィが看守達に向かっていっている時にちょうどクイーンが囚人採掘場に到着した
  • 副看守長ドボンを倒してしまった時の事から考えても、ルフィが海楼石の手錠をしたままの状態でも並みの看守達では、おそらくルフィに全く歯が立たないだろう

などのことから考察するとクイーンがルフィと戦う可能性は低くないように思えなくもない。

またホールケーキアイランド編ではカタクリに勝ったルフィだが、さすがに海楼石の手錠をしたままの状態でクイーンに勝つのは難しいのではないだろうか。

百獣海賊団の大看板の一人である”疫災のクイーン”と呼ばれる男が、海楼石の手錠をしたままのルフィに負けてしまうなんてことになっては問題ですからね。

 

クイーンが戦うのはルフィではなくキッド?

934話の最後でクイーンが囚人採掘場にやって来たのは、キッドが脱獄をしたためであったのではないだろうか。

したがって、クイーンがキッドと戦うということも十分に考えられる展開だと言えるだろう。

だがルフィの場合もそうなのだが、もちろんキッドの場合も海楼石の手錠をしたままの状態でクイーンに勝つのは難しいと考えられます。

だからこそ、もしも脱獄したキッドが、すぐに見つかってしまい、クイーンと戦わざるを得なくなってしまったとすれば、その戦いはかなり厳しいものとなりそうだ。

かつてカイドウにボコボコにされてしまったキッドだが、今度はクイーンにボコボコにされてしまうなんてことになりかねないだろう。

なんとかキッドには無事に逃げ切ってほしいところではあるが、キッドにはキラーをはじめとするキッド海賊団の者達がいる。

だからこそ彼らと一緒に火祭りの日の決戦に手錠をはずして参戦してきてほしいところではあるが、どんな展開になってくるのだろうか。

 

クイーンが戦うのはビッグ・マム?

933話でビッグ・マムが兎丼に向かいそうだということが明かされ、934話でビッグ・マムが実際に兎丼に向っている。

その934話の最後でクイーンが、兎丼にある囚人採掘場に到着したという流れとなっている。

ここビッグ・マムがクイーンと戦う、なんて可能性もあるのではないだろうか。

ビッグ・マムとクイーンでは、格はもちろん戦闘能力もビッグ・マムの方が遥かに上だろうが、それはそれで面白い展開になってきそうだ。

  • 現在、記憶を失っているビッグ・マムは本来の力を発揮できない可能性がある。
  • 不覚をとったのではあろうが、ビッグ・マムがキングに海に落とされ、記憶を失うほどのダメージを負ったのは紛れもない事実。
  • クイーンは、そのマムに多大なダメージを与えたキングとほぼ同格の可能性がある。

こう考えてみると、もしもビッグ・マムがクイーンと戦うことになった場合。

ビッグ・マムが絶対に圧勝するとは言い切れないようにも思えてくる。

ビッグ・マムが兎丼に到着するまでには、まだしばらく時間がかかりそうだが、少なくともクイーンがいきなりビッグ・マムと戦ういう展開にはならないような気はするが、どうなんでしょうね。


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』最新935話で判明!4個目のロードポーネグリフは鬼ヶ島にあった!?

 

そもそもポーネグリフってなに?

「歴史の本文」とも称される、世界各地に置かれたキューブ状の石碑です。

決して砕けず、割れず、解けない硬石に記された古代文字による歴史文であり、22年前まで西の海に存在した“考古学の聖地”オハラの考古学者以外に解読できる者はいないとされています。

世界政府は「古代兵器復活の阻止」を名目としてポーネグリフの解読はおろか探索すら法で固く禁じており、破った者は死刑に処されてしまいます。

作中では長らくこのポーネグリフを作ったのが誰なのか不明でしが、ワノ国の石工の一族・光月一族であることが判明しました。

光月一族は800年以上前にポーネグリフを作り、当主には代々古代文字の読み書きが伝えられてきました。

だが、現在の当主である光月おでんが息子のモモの助に教える前に死亡してしまい廃れることになりました。

そのため、現在ポーネグリフを読むことが出来るのはロビンだけとされているんですよね。

またポーネグリフはそれ単体では単なる歴史碑文であり、大きく分けると以下の3つに大別される。

  1. 歴史・情報を記した9つの石。
  2. ラフテルの場所を示すために必要な4つのロードポーネグリフ。
  3. 1の在処を記した石。

その3つどれにも該当しないものは、作中では1つだけ魚人島編で登場しています。

最果ての地ラフテルに行くためには、ロードポーネグリフが必要不可欠であることは四皇の海賊達には知られています。

また海賊王を目指す四皇たちはポーネグリフの確保に向けて動いているんです。

勿論ポーネグリフは一辺が4~5mもある巨岩であるため、それそのものの回収は難しいとされています。

よって真の歴史の本文を解き明かす際には、紙や布で写しを取るのが一般的となっています。

どこから知ったのか不明だが、タマゴ男爵によれば、ポーネグリフは約30個存在するとされ、そのうち歴史・情報を持つ石は9つであるとされています。

 

ロードポーネグリフ

ゾウ編で明かされた、偉大なる航路の最果て「ラフテル」の場所が記されたポーネグリフ。

赤い色をしているのが特徴で、全世界に4つしかないとされています。

ロードポーネグリフにはラフテルの在処の鍵となる地点(それぞれ別の4か所)が記されており、それを繋げた交点にラフテルは所在する、とされているんです。

その一か所が今まで発見されていないことを考えると、3つではなく一か所を特定できる4つ揃えなければその場所は分からないということのようです。

なお、ゾウで暮らすミンク族は光月一族の古くからの兄弟分であり、このロードポーネグリフも彼らの手により大事に守られてきたんです。

現在、4つあるロードポーネグリフの内3つの所在が判明しており、1つ目はゾウにあり、2つ目は四皇の一人カイドウが、3つ目は同じく四皇の一人ビッグ・マムことシャーロット・リンリンが所有しています。

その最後の4つ目が今回、鬼ヶ島にあるのではないかとされているんですね。

 

鬼ヶ島にロードポーネグリフがある?

934話でオロチ城から無事に逃げることに成功したナミ達は、カン十郎と合流し花の都の西側に存在する墓地へ向かいました。

あんなところから逃げられたのは本当にギリギリだとし、侍が女の人を斬ってしまうのは普通のことなのかと驚いた様子のナミ。

そもそも狂死郎が現在の地位につく前は、「花のヒョウ五郎」なる人物が取り仕切っていた様子でした。

いつからか狂死郎がその地位につくようになったわけですが、この辺りのストーリーも気になるところですよね。

そして、ここで「ちょっと疲れたから銭湯にいかない?」「おトコちゃんの様子も確認しましょ」と提案をしたナミ。

変装をして銭湯に向かうことになりました。

そこでロビンが皆に知り得た情報を共有する展開となりました。

「決戦の日にオロチがいつ起きるのか」、「鬼ヶ島に運ばれる供え物は何か」、「カイドウが好む食べ物」、「百獣海賊団の部下の数」、「武器の量」など…

「これくらいしか情報を集めれなかった」と落ち込むロビンではあったのですが、「十分すぎる」と驚くカン十郎。

更にナミも知り得たポーネグリフについての情報を伝え、それらの情報からロビンは「ロードポーネグリフは鬼ヶ島にある」と推測しました。

本当にあるのかはわかりませんが、ポーネグリフの行方に就ても気になる展開となてきましたね。


スポンサーリンク



漫画『ONE PIECE』最新935話のルフィVSクイーンと4個目のロードポーネグリフについてのSNSでの反応は?

 

漫画『ONE PIECE』最新刊が今すぐ無料で読める?

ジャンプ ワンピース ネタバレ 91

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

今回は、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ワンピース』最新935話でルフィとクイーンがついに対決!?4個めのロードポーネグリフは鬼ヶ島にあった!?について詳しくお届けしてきましたがいかがでしたか?

934話のラストからルフィがクイーンと衝突するのは間違いなさそうですが、その展開がどうなってくるのかはいまだ不明です。

キッドとルフィの共闘なんていうのも面白そうではあるのですが、クイーンVSビッグマムという展開も見ごたえがありそうですよね!

また、これまでほとんど登場していなかったロードポーネグリフが鬼ヶ島にあるかもしれないというのは、今後の展開に大きくかかわる問題だけに期待してしまいますね。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鬼滅の刃 ネタバレ 最新 108話

『鬼滅の刃』最新108話ネタバレ・感想!時透が記憶喪失になる?!

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新933話確定!

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新933話確定!ビッグマムが仲間になる?!

ワンピース ネタバレ・考察 最新913話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新913話確定!ゾロが手にする刀の名前は?

鬼滅の刃 ネタバレ 115

『鬼滅の刃』最新115話ネタバレ・感想!玄弥の母親も鬼?!

『鬼滅の刃』最新141話ネタバレ・感想!

『鬼滅の刃』最新141話ネタバレ・感想!上弦の鬼の童磨登場!

ワンピース ネタバレ・考察 最新903話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新903話確定!カタクリが仲間になる?!