『鬼滅の刃』最新142話ネタバレ・感想!童磨の過去とは?!

『鬼滅の刃』最新142話ネタバレ・感想!
Pocket

本記事は、2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新142話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回141話では、ついに姉の仇である童磨と会敵します。

人を倒す事が不安や恐怖から解放し、自分の血肉となって生きていく事が救いだと笑顔で語る童磨。

しのぶはその身勝手な理論に怒りを露わにし、戦いが始まりました。

それでは早速、2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新142話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『鬼滅の刃』最新刊14巻発売日はいつ?表紙画像も公開


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』前回の内容をおさらい

救いの手を

突然童磨の前に居た女性が助けてと大きな声を上げます。

童磨が手にかけるよりも早く、しのぶは女性を離れた所へ移動させました。

しかし女性が何か言おうとした途端、血を噴き出してこと切れてしまいます。

童磨は女性を後で食べるからそのままにしておけと言い、ゆっくりと立ち上がります。

その手には二つの扇がありました。

童磨が使う武器は鋭い対の扇で、やはりカナエが遺した鬼の特徴と同じものです。

童磨は自分は万世極楽教の教祖であり、自分は信者と幸せになるのが務めと話し始めます。

今手にかけた女性も残さず綺麗に食べると言いながら、扇を開きました。

しのぶは皆と幸せに、といいながら女性は嫌がって助けを求めていたじゃないかと眉間にシワを寄せます。

しかし童磨はだから救ってあげただろ、と笑いました。

女性はもう苦しくない、つらくない、怯えることも無いのです。

誰もが皆死ぬのを怖がるから自分が食べてやることで、共に永遠の時を生きていく、というのです。

自分は信者たちの想いと血と肉をしっかりと受け止め、救済し高みへと導いている。

そう語る童磨の顔はどこまでも優しい顔をしています。

 

怒りをあらわに

童磨の言葉を聞いたしのぶは吐き気がすると嫌悪感を隠せません。

そんなしのぶの態度がわからない様子の童磨は、何かつらいことがあったなら話してごらんとまで言ってきました。

カナエを殺したのはお前だな、この羽織に見覚えは無いかと姉の形見の羽織を握りしめながら怒りを童磨に向けます。

しのぶの姿を見て、童磨はカナエの事を思い返していました。

優しくて可愛い子だった、朝日が昇って食べ損ねた子だから覚えていると童磨はいいました。

ちゃんと食べてあげたかったと童磨が言い終わる前にしのぶは攻撃をお見舞いします。

その突きは童磨の左目に突き刺さり、そのまま頭を貫通しました。

ですが童磨はしのぶの剣の速さを褒めつつ飄々とした態度は変わりません。

そのまま血鬼術で反撃し、しのぶはそれを避けました。

童磨はしのぶの速さを認めましたが、突きでは鬼は殺せない、不憫だと言います。

しかししのぶの攻撃は突きだけではありませんでした。

突きでは殺せないが、毒ならば?

童磨にしのぶの毒が効き始めます。

上弦の鬼に毒が通用するかこれではっきりします。

しのぶは姉に願うような気持で童磨の様子を見ています。

 

毒の分解

毒が効いてきたのか、童磨は苦し気に膝をつき、血を吐きます。

今回の毒が以前使っていた毒より強力だと童磨は話しました。

それによって鬼の間で情報が共有されている事を確信し、毒は諸刃の剣であるとしのぶは気合を入れました。

鬼ごとに調合を変えているとあの方も仰っていたと叫び、童磨は咳き込みます。

しかしそれもつかの間、すぐに顔をあげました。

毒を分解出来てしまった、せっかく使ってくれたのにごめんねと童磨は嗤います。

しのぶが刀を鞘にしまう時に特殊な音がすることから、その時に調合を変えていると童磨は予測しました。

そしてあろうことか楽しい!と無邪気に笑い出します。

毒を喰らうのは楽しい、次の調合なら効くと思うか?やってみようと楽しそうです。

それに対し、しのぶはこのあたりまでは想定内だと刀を構え直すのでした。

サイト管理人

サイト管理人
能力の相性的にしのぶが劣勢…?

ですが毒が効かない事は想定の範囲内だったとの事。しのぶが用意してきた策は一体なんなのでしょうか。


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新142話 ネタバレ・考察

童磨の回想

物語は童磨の過去の回想から始まります。

童磨は子供の頃から自分が優しく、賢い事を自覚していました。

可哀想な人たちをいつだって助けてあげたし幸せにしてあげていました。

何故ならそれが彼の使命だったからーーー。

瞳に虹が見え、綺麗な髪を持った童磨に、両親は特別な力があると信じて疑いませんでした。

両親には童磨は神の声が聞こえている思い込んでいました。

そして両親は童磨を教祖に据え、「極楽教」という宗教を立ち上げます。

そんな両親を頭の鈍さは絶望的と幼いながらに断じます。

余りに両親が可愛そうだったので、童磨はいつも話を合わせてあげていました。

もちろん童磨に神の声が聞こえた事など一度もありません。

初めはよってたかって崇められ祈られて・・・童磨は流石に困ってしまいます。

自分のような子供を相手に、涙ながらに苦しい、辛い、どうすればいい?と言ってくる大人に、頭は大丈夫かと心配します。

大人達はいつもアクビの出るような身の上話をした後、どうか極楽に導いて欲しいと頭を下げて来ます。

その姿に童磨は泣きました。共感の涙ではありません。人間の愚かしさに流した涙でした。

極楽などは存在せず、人間たちが勝手に妄想して作り上げたお伽話であり、この世に神も仏も存在しない。

それが自分の周りの大人達はわからないのです。

亡くなると無になるだけ、何も感じくなるだけ。

心臓が止まり、脳も止まり、腐って土に還るだけ…生き物である以上すべからくそうなってしまうのです。

そんな単純な事を受け入れられない頭の悪い気の毒な人たちを助け、幸せにしてあげたいと考え、自分はその為に生まれて来たのだと確信します。

サイト管理人

サイト管理人
童磨の過去が発覚しました。

子供の頃から賢すぎる余りに、人間ならば当たり前とも言える愚かさを受け入れられない童磨。

彼がここからどうやって鬼に成ったのか気になります。

 

鮮血

童磨が右手の指を広げながら五回目ね。と言います。

五回目の毒も効かなかったようです。むしろどんどん効き目が薄くなってきているようです。

しのぶがあと何回調合できるのか、それとも息が続かないのが先かと無邪気に笑う童磨。

しのぶの顔色が変わります。

ことごとく毒は効かないし、耐性が付くまでの速さも異常です。

童磨の周りの空気が花の形に凍り付いて行きます。

肺胞が壊死しているから辛いよね、黄身はさっき俺の血気術を吸っちゃったからなぁと童磨は言います。

童磨の血気術は凍てついた血を霧状にして扇で散布するもので、呼吸する事自体に危険が伴うものでした。

しのぶは刀を構え直し、連撃で一気に大量の毒を打ち込もうとします。

すれ違いざまに素早い突きを放ちますが、しのぶの方が前へくずおれてしまいます。

しのぶの強さを讃えながらも、毒じゃなく頸を斬れたら良かった!

それだけ早かったら勝てたかもと続け、無理かぁ、君は小さいからなぁ。と笑いながら言い放つのでした。

サイト管理人

サイト管理人
流石上弦の鬼なだけあり、しのぶの毒は全然聞いていないようです。

苦肉の策でもある技も返され、逆に斬られてしまいました。しかし童磨どこまでも飄々としています。しのぶは大丈夫なのでしょうか!?

 

約束

しのぶの体からは血が噴き出し、四つん這いになりながらも両手を目の前へ持ち上げる。

何故自分の手はこんなに小さいのか、なんでもっと身長が伸びなかったのか、あとほんのもう少し体が大きかったら、鬼の頸を斬って倒せたのだろうか?

しのぶは問い続けます。

しのぶの姉は華奢でしたが、背は高かったようです。

そして姉が亡くなる時に言おうとした言葉をしのぶは知っていました。

多分しのぶはあの鬼に負ける。

そう言おうとしたけれど止めてくれたんだよね、と回想も続きます。

更にしのぶの意識が遠のこうとした時、しのぶの眼前には姉が立っていました。

しっかりしなさい、泣くことは許しませんと。

そう言って立つように促す姉の表情は厳しく、凛としています。

自分が今立てない事、斬られて息も出来ないと心で言いますが、姉の表情は厳しいままです。

関係ない、立ちなさいと更に続けます。

倒すと決めたら倒す。勝つと決めたのなら勝つ。

どんな犠牲を払っても勝つと、私ともカナヲともそう約束したでしょう。

どこか突き放すようでいて、強くしのぶを奮い立たせる言葉を投げかけます。

姉は跪き、涙を流しながらしのぶの肩に優しく手を置いて言うのでした。

しのぶならちゃんとやれる。頑張って。

その瞬間、弾かれたようにしのぶの体は起き上がっていました。

サイト管理人

サイト管理人
極限状態のしのぶに脳が見せた幻なのでしょうか、お姉さんが登場です。

しかも凛と強く励ますような言葉を投げかけてくれます。

そして応える様に起き上がるしのぶの姿に感涙!このまま逆転してほしい!

 

渾身の一撃

しのぶは瀕死の状態ながらも立ち上がりました。

それには流石に童磨も想定外だったのか、唖然としています。

鎖骨も肺も肋骨も斬っているし、その出血だともう死んでいてもおかしくない、君は本当に人間かと問いかけて来ます。

しかししのぶが吐血して咳き込んだ音を聞き、肺に血が入ってゴロゴロと音がしていると言います。

君はもう助からないから意地を張らずに、と言い終わる前にしのぶの足に力がこもります。

狙うならば急所の頸、頸に直接毒を叩きこめば勝機はあると考えたしのぶの目は死んでいませんでした。

走り出したしのぶの速さと力に耐え切れず、橋の床板が破壊されていきます。

童磨がその動きに目を見張った瞬間、彼の目の前にはしのぶが迫っていました。

あまりの速さに攻撃が読めない童磨はとっさに腕を出します。

2人の腕が交差した瞬間、しのぶの羽織が切れました。

瞬時にかがんで童磨の攻撃をかわしたしのぶの刃が唸りを上げます。

腰よりも低い位置からの攻撃に、やはり対応が遅れてしまう童磨。

そこへしのぶの渾身の一撃が放たれます。

童磨の頸を貫いた刃はそのまま壁へと縫い留めるのでした。

関連記事:『鬼滅の刃』最新143話ネタバレ・感想!獪岳の正体とは?

サイト管理人

サイト管理人
華奢故に非力だったしのぶでは考えられない程の強い踏み込みが出ました!

そして今まで以上の速さを見せます。

自分の強い意志と姉の想いを乗せて放った一撃が童磨を仕留めたと信じたいです!

 

142話の感想

今回はアツい展開でしたね!

しのぶのお姉さんが出てくる場面も良かったです!姉妹の絆を感じました!

この渾身の一撃が童磨を打ち倒せていればいいのですが…一筋縄ではいかなさそうな気がします。

しのぶの無事を願って次号を楽しみに待ちましょう!


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新142話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『鬼滅の刃』最新刊が今すぐ無料で読める?

鬼滅の刃 ネタバレ 136

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新142話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今更気付いたのですが、しのぶが自分の力量以上の力と踏み込み、素早さを見せていますが、これはもしかして痣が発現しているのでしょうか…?

多方面でフラグが立ちまくっていると噂のしのぶですが、どうにかこのまま勝手生き残って欲しいですね。

次回も目が離せませんね!次号を楽しみに待ちましょう!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『鬼滅の刃』最新141話ネタバレ・感想!

『鬼滅の刃』最新141話ネタバレ・感想!上弦の鬼の童磨登場!

鬼滅の刃 アニメ化 いつから

鬼滅の刃アニメ化の放送日はいつから?漫画を一気に読める方法も

鬼滅の刃 最新刊 11巻無料

『鬼滅の刃』最新刊11巻無料は電子書籍アプリで読むには?

鬼滅の刃 全巻無料 zip rar ダウンロード

『鬼滅の刃』最新刊11巻発売日は?発売後スマホで読める方法も

鬼滅の刃 ネタバレ 最新 105

『鬼滅の刃』最新105話ネタバレ・感想!玉壺と半天狗の目的はいかに?!

ワンピース ネタバレ・考察 最新907話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新907話確定!緑牛の正体が明らかに!