【新テニスの王子様】最新256話ネタバレ・感想!リョーマが試合中に気絶?!

新テニスの王子様 ネタバレ 256
Pocket

本記事は、2019年1月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新256話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

現在1位のドイツ代表は、13位のカナダに対しパーフェクトゲームで完全勝利をおさめ、次の試合へと駒を進めた。

次の試合の相手は、現在戦っているフランスVS日本の勝った方と当たることになる。

そのためジークフリートは、日本との再戦を強く望んでいた。

一方の手塚は、相手が誰であろうと全力を尽くすのみだと、淡々と語るのであった。

果たしてドイツの相手となるのは、フランスか日本かその運命は、現在戦うプランス王子とリョーマにかかっているのであった。

それでは早速、2019年1月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新256話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【新テニスの王子様】最新刊25巻発売日いつ?表紙画像も公開


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』前回の内容をおさらい

 

ツイストサーブからの新技

ファーストセットを6-0で取られてしまい、始まった2セット目。

リョーマはラケットを利き手の左手から右手へと持ち替え、強烈なツイストサーブを放った。

ボールはセンターへと跳ね上がたっため、プランス王子はそれをエースで返すことができなかった。

するとリョーマは、ニヤリと笑みを浮かべ”光る打球”でそれを打ち返す。

プランス王子は、放たれた”光る打球”に反応をするも今回もラケットのガットを突き破ってしまったのであった。

そして、ここでようやくリョーマが先制点を取ることに成功した。

そんな状況にプランス王子は、ガットが破れてばかりでは話にならないと考え、本大会においてのラケットの持ち込み数の規定があるのかを確認した。

カミュが言うには、本大会においてその規定はないという事だった。

そこでプランス王子は、ありったけのラケットを持ってくるように依頼するのであった。

 

ドイツが勝利

一方で、準決勝であるドイツVSカナダの試合は、王者であるドイツが圧倒的な強さを見せつける形で、ベスト4への進出を決めていました。

ドイツの代表メンバーの中には、もちろん我らが手塚先輩も入っています!

全ての試合をパーフェクトゲームで抑えるという驚異的な強さのドイツの試合を、観客席からスイス代表メンバーが観戦をしていました。

スイスとしては決勝戦で当たる相手をドイツと踏んでいるようで、主将のアマデウスはとても楽しみにしているようでしたが、その表情は硬く微動だにしません。

一方で仲良しダブルスペアのランディとアルバートは、相変わらずといった感じです。

アルバートがランディに2人のドイツD1に勝てるか?と問うと、ランディはなぜか頬を赤らめながら「筋肉ならな!」と意味不明回答をしていた。

またペーターはアンリに誰と対戦がしたいのかと尋ねると、ボルクプロしかいないと既に相手を見据えているようであった。

ドイツの試合を見なあらはしゃぐメンバーたちに対し、アマデウスは落ち着くように即した。

そしてドイツ代表を気にするのもいいが、次の自分たちスイス代表の相手となるアメリカに気を引き締めるようプロの気迫のこもった表情で話すのであった。

 

ドイツの希望

カナダとの試合を終えて会場裏へと戻ったドイツ代表メンバーたち。

次の対戦する相手は、現在試合をしているフランスVS日本のどちらかであるという事を知らされた。

すると即座にQ・Pは、データから推測するにフランスが有利であると判断を下した。

しかし、そんな発言に反論をしたのが日本に屈辱を受けたジークフリートであった。

屈辱を受けたからこそ日本と再戦するのだと叫ぶジークフリートは、手塚にも「日本とやりたいだろう?」と同意を求める。

だが手塚は、相手の国がどこであろうと関係はないとジークフリートに淡々と応えるのであった。

プロを目指す手塚にとって、来る試合にベストな状態で常に挑む事が重要であり、再戦がどうこうという事よりも、プロになるための道のりを着実に歩むことを重視しての発言のようだった。


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』最新256話 ネタバレ・考察

 

追い込まれているのはリョーマ?

2セット目が始まり、ツイストサーブと光る打球の合わせ技で先制を決めたリョーマは、そのまま先制を守り現在3-0まで持ち込んでいた。

エースで返されないためにも、とにかく”光る打球”を繰り出すことでプランス王子のガットを破り続け、点をあげていくリョーマ。

それに対するプランス王子も、リョーマの放つ”光る打球”をエースで返すことに執念を燃やし、何本ものラケットを犠牲にし続けていた。

これまではサーブも全てエスで決めてきたプランス王子は、とにかく1球でも多くの”光る打球”を打ち返そうとするのであった。

今まで打ち込んできた”エース”の勘を頼りに、プランス王子はどの場所に当たれば”光る打球”を返すことができるのかを探っていた。

結果としては、このゲームでは遂にリョーマが5-0となり、カウント的にはプランス王子をリョーマが追い込んでいるかのように見えていた。

しかし、そんな試合展開をずっと見ていた鬼は気づいていたのです。

プランス王子のラケットのガットの破れ方が、徐々に小さくなっていっているという事に。

だからこそ日本勢は、追い込まれているのはプランス王子ではなくリョーマの方なのではないかと、不安にあおられていたのであった。

 

光る打球を打ち返したプランス王子!

リョーマからプライドを刺激され受けた屈辱をプランス王子は、”光る打球”をエースで返すことでしか払拭できないと考えていました。

だからこそプランス王子は、回転するボールの中心の点を感じることだけに専念しました。

プランス王子が、「”光る打球”の中心を捉えます!」と叫ぶと同時に、ついにプランス王子のラケットはリョーマの”光る打球”をとらえ打ち返したのです!

そして”光る打球”のスーパースイートスポットを見つけることに成功したプランス王子は、”光る打球”の威力をそのままに返球することができたのであった。

 

気絶してしまったリョーマ!?

”光る打球”がプランス王子に打ち返されることを既に予測していたリョーマは、すぐに前へと駆け出していきました。

そしてリョーマは、ドロップボレーを繰り出したのです。

その背後に浮かび上がったオーラは、まさにサムライでした。

それは、プランス王子にもはっきりと見えていました。

しかし、その時でした。

”光る打球”のあまりにもすさまじい威力を受け止めることのできなかったリョーマは、ガットが破れてしまいそのまま自らの腹を直撃してしまったのです!?

心配したプランス王子もリョーマへと駆け寄りましたが、リョーマはそのまま気絶してしまい倒れこんでしまったのであった。

このままリョーマが目を覚まさなければ、この試合プランス王子に取られてしまいそうですが、リョーマは目覚めることができるのでしょうか!

漫画『新テニスの王子様』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

256話の感想

試合の中での数分の間にプランス王子は、リョーマの”光る打球”を打ち返したというのには驚きを隠せませんでしたね。

どんな体制からでも返球できる”エースの王子様”の異名は伊達ではありませんでしたね。

馬上テニスで鍛え上げた素晴らしいほどの体感と球の中心を見極める千里眼。

これだけでも凄いのですが、プランス王子にはまだまだ秘めたる可能性が眠っていそうです。

”光る打球”の”破壊”を使う平等院も、これほどまでに早く”光る打球”を打ち返した相手はいなかったのか、かなり驚いているようでしたね。

しかしリョーマは、”光る打球”の威力そのままに腹に直撃を食らってしまうというのは予想外でした。

ドロップボレーでの返球というところまではよかったのですが、さすがにリョーマにはスーパースイートスポットを見つけることができなかったようですね。

ですがリョーマが、気絶したままでは負けになってしまいそうですし、リョーマが目覚めたとしてダメージも大きそうなのでどうなってしまうのか気になりますね。


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』最新256話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『新テニスの王子様』最新刊が今すぐ無料で読める?

新テニスの王子様 ネタバレ 248

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2019年1月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新256話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

先制をツイストサーブと”光る打球”死守し5-0まで持っていったリョーマでしたが、ラケットを犠牲にしながらも”エース”勘を働かせたプランス王子に返されてしまいました。

しかし返球までは予測していたリョーマも、自分の放った”光る打球”の威力そのままに返されたボールをとらえることはできなかったようです。

さらには、そんな打球を腹に食らってしまい気絶してしまったリョーマ。

このまま戦闘不能となり、プランス王子に負けてしまうのでしょうか?

そんなあっけない終わり方はしてほしくないだけに次回の展開に期待ですね!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新テニスの王子様 ネタバレ・感想 最新249話

【新テニスの王子様】最新249話ネタバレ・感想!プランス王子が桜乃に一目惚れ?!

新テニスの王子様 ネタバレ 246

【新テニスの王子様】最新247話ネタバレ・感想!日本がフランスに勝利!?

【青の祓魔師】最新107話ネタバレ・感想!サタンの要求内容は?!

【青の祓魔師】最新107話ネタバレ・感想!サタンの要求内容は?!

新テニスの王子様 ネタバレ 242

【新テニスの王子様】最新242話ネタバレ・感想!立海大付属の柳と毛利は因縁の仲!...

新テニスの王子様 ネタバレ 最新 241話

【新テニスの王子様】最新241話ネタバレ・感想!君島・遠野コンビが再結成!?

新テニスの王子様 ネタバレ 最新 239話

【新テニスの王子様】最新239話ネタバレ・感想!白石の対戦相手が強過ぎる!