【新テニスの王子様】最新253話ネタバレ・感想!リョーマが光る打球を発動!?

新テニスの王子様 最新253話ネタバレ
Pocket

本記事は、2018年12月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新253話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

どんな球にも対応してリターンエースを返してくるプランス王子。

何をやっても手も足も出ないといった様子のリョーマ。

頼みの綱である百錬自得の極みやツイストサーブでさえも、更に早いリターンで封じられてしまったのであった。

そんな試合のカウントは5-0でプランス王子が圧倒的に勝っています。

さてリョーマは、この状況を打破することができるのでしょうか!

それでは早速、2018年12月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新253話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:【新テニスの王子様】最新刊25巻発売日いつ?表紙画像も公開


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』前回の内容をおさらい

 

第2ゲーム

第2ゲームとなり、リョーマがレシーブ側となりました。

これまでの借りを返すべく、リョーマはリターンエースを狙いにいったのですが、渾身のレシーブすらもプランツにはまったく効果はありません。

またもや点を取られてしまいどんどんと追い込まれていくものの、必死に喰らい付いていくリョーマ。

だが、リョーマの負けん気に当てられたプランス王子は更にハートに火がついてしまった様子。

そこからというものの完全に本気を出し始めてしまったプランス王子。

これまでも苦戦を強いられていたリョーマであったが、まさかの第2ゲームも90秒という早さでリョーマの負けが決まってしまったのであった。

 

プランス王子のリターンエースの強さ

第3ゲームへと入り、再びサーブはリョーマの番となりました。

嫌な空気と流れを絶つべく、リョーマはサーブ&ボレーを仕掛けようと試みました。

だが、これもまたプランス王子のリターンエースの標的となってしまった。

プランス王子は少しでもサイドを狙えば、エースでそれを返してくる。

そんな最悪な状況にリョーマは全く歯が立たず、ポイントは一瞬のうちに0-30となってしまっていたのだった。

そこでリョーマは、起死回生を計るために『百錬自得の極み』を発動させたのです。

しかし、これでも全く反応することができずプランス王子には意味を成すことはなかったのだった。

 

リョーマが負ける?

「面白い…そうだ足掻け足掻け!」

全く手も足もでないリョーマのもがきあがく姿を面白がるプランス王子。

そんなプランス王子の顔は汗一つなく、余裕綽々と言った様子。

このままでは治まらないと、今度はラケットを右手に持ち替えたリョーマ。

これでもかといわんばかりの強烈なツイストサーブを叩き込んだ!!

激しい回転がかけられたボールは、激しくバウンドをするとプランス王子へ襲い掛かった。

しかし、それすらもプランス王子の華麗なリターンエースによって返されてしまったのであった。

この時点での試合は、ゲームカウント0-5で勝利の女神はプランス王子に微笑んでいるようだった…。


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』最新253話 ネタバレ・考察

 

まだまだ試合はこれから!

ベンチにもたれかかるかのように倒れこんでしまったリョーマ。

体力も結構消耗してしまっており、これ以上どうすればいいのかと諦めているよううにも見えてしまいます。

そんなリョーマへと近づいてきたのは入道監督でした。

「万策尽きた様じゃな」とリョーマを牽制する入道監督。

しかし、これはリョーマの性格を考えての言葉。

リョーマは、そう言われるとプライドが高いので反論する。

「まだまだ試合はこれからだよ」と、いつもの口ぶりで返したのだった。

しかし、どう見ても明らかに疲れが見えるリョーマですが、入道監督は「狩る愚痴がいえるようだな」とリョーマを威圧するのだった。

そして入道監督はリョーマの座るベンチに片足大き、見下ろすように立ったのです。

そして、リョーマの顔の側で何やら耳打ちをするように話をしていました。

入道監督の言葉を聞いたリョーマはとても驚いた様子ですが、いったい何を言われたのでしょうか?

 

反撃の糸口をつかんでいる?

客席で試合を観戦している中に、菊丸と桃城の姿がありました。

一方的にリョーマがやられてしまっている試合を見て、かなり不安を募らせている様子です。

そしてリョーマがそこまで苦戦をするということは、それだけ相手の強さが尋常ではないということを認識していました。

切原は、「同じ中学生に負けてんじゃねー!」とリョーマを激励するように一喝します。

忍足も「このまま反撃できなかったらウチの王子様負けるで」と、跡部に忠告するかのように言っていました。

しかし、跡部は何かに気づいていたのです。

「ああん… もう掴んでるみてーじゃねーの」

 

この試合初めてのラリー!

すると、リョーマの表情がさっきまではとても苦しそうだったのですが、そんな様子を微塵も感じさせない。

そして、プランス王子が打ち込むサーブに見事に反応する。

リョーマのその表情は、帽子に隠れていてはっきりはわからないものの、口元は笑っているようにも…。

プランス王子の目の前、ど真ん中に返球をしたリョーマ。

これに対しプランス王子も返球する。

そして、またリョーマも…。

この試合において始めてのラリーが続いた瞬間でした。

プランス王子の目の前に返球を続けるリョーマは、コートのど真ん中に球を集めることによりリターンエースを封じることができたのです。

前回はなったツイストサーブを打った時、たまたまプランス王子の目の前で球が跳ねる形となった。

だがプランス王子がそこから返したことと、入道監督からの助言があったこともあり、そのことに気付けたようだった。

しかし、まだまだプランス王子は「それがどうした!?」余裕を見せます。

それもそのはずです。

結果としてリョーマが左右に振られながらも相手コートの真ん中に返し続けていることで、プランス王子の運動量は少ない。

反対にリョーマの運動量は倍以上となるので、疲れは溜まる一方なのだ。

乾や柳、鬼と入江もそんなリョーマを心配しますが、ずっと続くラリーをただ見守ることしかできない。

そのことで焦りが出たのか「何を考えている!?」と怪しむプランス王子。

金太郎は、リョーマが負けず嫌いNO.1だと知っている。

なので、いつまでも打ち続けるぞ!とこの勝負に勝機を見出したように叫んでいたのだった。

 

『光る打球』で蘇ったリョーマ!

(この無謀な賭けに挑むつもりか?!)と思いつつ、プランス王子がリターンしたその直後だった。

「ねえ…球速落ちたよ王子さん」

プランス王子の心の乱れから出た僅かな隙。

それをリョーマは見逃さなかったのです。

ここでリョーマが、先ほどの入道監督からの言葉を思い出していました。

「…おい、キサマは平等院に何を教わった!!」

そう、リョーマにはまだ必殺技を隠し持っていたのです。

それも平等院から見て学んだあの技を…。

左手にラケットを持ち右手は急速に光始め――、撃ち込んだのは『光る打球』!!

平等院の光る打球とは何かが違っており、滅びのデストラクションではないようだ。

まぶしさで相手の目をくらませるほどの高威力の打球は、プランス王子に…!?

漫画『新テニスの王子様』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

253話の感想

リョーマは戦いながらも反撃の糸口を見つけたというよりも、入道監督の助言で思い出したという言い方が正しいのかもしれませんね。

このまま1人で試合を続けていれば、確実に破れてしまっていたでしょう

しかし、さすがは未知なる力を持つ入道監督といったところですよね。

リョーマ一人ではおそらく敗れていた試合だったので、さすが未知なる力を持つ入道監督ですね。

そして、リョーマの奥の手である『光る打球』が放たれたわけですが、プランス王子にこの技が通用するのか次回の展開に期待ですね!


スポンサーリンク



漫画『新テニスの王子様』最新253話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『新テニスの王子様』最新刊が今すぐ無料で読める?

新テニスの王子様 ネタバレ 248

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年12月4日発売のジャンプスクエア掲載漫画『新テニスの王子様』最新253話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

圧倒的にリョーマの不利だと思われたこの試合。

このままあっけなくプランス王子にリョーマが屈してしまうのかと思いきや、必殺技を隠し持っていたというのは驚きでしたね!

これも入道監督の助言のおかげです。

そして放たれた”光る打球”、この技は発光する事で周りをくらませながら登校威力の打球を放つというものなんですよね。

テニプリらしいとんでもな必殺技ではあるのですが、この打球ならプランス王子もさすがに対応できないのではないかと期待してしまいますね!

リョーマの起死回生となるのか、次回の展開も見逃せませんね!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新テニスの王子様 ネタバレ 246

【新テニスの王子様】最新247話ネタバレ・感想!日本がフランスに勝利!?

新テニスの王子様 ネタバレ 244

【新テニスの王子様】最新244話ネタバレ・感想!毛利が試合中に眠る?!

【青の祓魔師】最新105話ネタバレ・感想!

【青の祓魔師】最新105話ネタバレ・感想!燐火が人質事件を起こす?!

【青の祓魔師】最新107話ネタバレ・感想!サタンの要求内容は?!

【青の祓魔師】最新107話ネタバレ・感想!サタンの要求内容は?!

青の祓魔師 ネタバレ 104

【青の祓魔師】最新104話ネタバレ・感想!燐火の正体とは?!

新テニスの王子様 ネタバレ 254

【新テニスの王子様】最新254話ネタバレ・感想!アメリカ代表チーム登場!