『鬼滅の刃』最新136話ネタバレ・感想!産屋敷の前に無惨が登場!?

鬼滅の刃 ネタバレ 136
Pocket

本記事は、2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新136話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回135話では、悲鳴嶼の哀しい過去が語られ、炭治郎が悲鳴嶼に認められました。

更に岩柱の修行も突破し、炭治郎の次なる試練は?

そして暗躍を続ける鬼舞辻の動向は?という所で終わっていました。

それでは早速、2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新136話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『鬼滅の刃』最新刊14巻発売日はいつ?表紙画像も公開


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』前回の内容をおさらい

 

悲鳴嶼 行冥

悲鳴嶼は昔寺で身寄りのない子供たちを世話していました。

若い悲鳴嶼が9人の子供たちと和やかに食事をしている風景が描かれています。

血の繋がりこそないですが助け合い、仲良く家族のように住んでいました。

ところがある夜に、一人の子供が外で鬼と遭遇し、自分が助かる為に「悲鳴嶼と8人の子供達」を喰わせると鬼に言ってしまいます。

その子供は鬼除けの香炉の日を消し、鬼を寺へと誘導しました。

直ぐに4人の子供が殺され、残った4人を守ろうとしましたが、そのうちの3人の子供たちは悲鳴嶼の言う事を聞かずに外へと逃走します。

目の見えない大人は何の役にも立たないと判断したのだろうと悲鳴嶼は言います。

その言葉に悲鳴嶼は目が見えないと知り、驚きの表情を浮かべます。

一番幼い沙代だけが悲鳴嶼の言う事を聞いてくれ、後ろに隠れました。

外に逃げた子供たちは既に襲われ死んでしまいましたが、「沙代だけは守らねば」と、鬼と戦います。

生まれて初めて全身の力を込めて振るった拳は恐ろしい威力だったと振り返り、あの気持ちの悪い感触は一生忘れないし、鬼に襲われなければ自分が強いという事を知らなかっただろうと続けます。

悲鳴嶼は夜が明けるまで鬼の頭を殴り続けました。

全てを失い、傷つきながらも命を懸けて沙代を守りましたが、沙代は助けに来た者に悲鳴嶼は化け物で、みんな悲鳴嶼が殺したと話します。

愕然とする炭治郎。

まだ4つの幼い子供が混乱するのは無理もない事と思う一方で、それでも沙代にだけは労わって欲しかったと思ってしまいます。

「ありがとう」と言ってくれれば救われたと思うけども、子供はいつも自分の事で手が一杯です。

鬼の屍は日の光で塵となって消え、子供たちの亡骸だけが残されました。

悲鳴嶼は殺人の罪で牢に入れられてしまいます。

悲鳴嶼は静かに言葉を区切り、涙を流しながら合掌を続けます。

 

特別な子供

もしお館様が助けてくれなければ悲鳴嶼は処刑されているところでした。

その一件以来、悲鳴嶼は何事も信じられなくなってしまいました。

炭治郎の事も例外ではなく…普段どれ程善良な人間でも、土壇場で本性が出るといいます。

でも炭治郎は逃げず、目を逸らさず、嘘をつかずに素直でひたむきに接しました。

「君は特別な子供だ」と悲鳴嶼は言います。

未来に不安があるのは誰しも同じ。

炭治郎が道を間違えないようにこれからは自分も手助けしようと言いました。

炭治郎は悲鳴嶼の悲しすぎる過去に号泣しながらも、頑張るといい、お礼の言葉を口にしました。

すると、悲鳴嶼の手が伸ばされ炭治郎の頭を優しく撫でます。

炭治郎は泣きながらも笑顔を見せます。

その時悲鳴嶼の脳裏には沙代の頭を撫でた時の事が思い出されていました。

「よくやり遂げたな…」

そう言った悲鳴嶼の瞳からはもう涙はありませんでした。

サイト管理人

サイト管理人
ついに悲鳴嶼に認められ、岩柱の修行をクリアした炭治郎。

彼をこれからどんな試練が待ち受けているのでしょうか?


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新136話 ネタバレ・考察

談話

炭治郎と玄弥、伊之助の3人が囲炉裏を囲み食事を摂っています。

玄弥は炭治郎に悲鳴嶼に色々と言われると思ったが、結局何も言われなかったなと言います。

自分が呼吸を使えなければ同じ様になっていたかもしれないと炭治郎が答えます。

食事が終われば義勇の所へ行くが玄弥もどうかと誘います。

玄弥はすかさず岩も動かせてないし、呼吸が使えないから行けないと返します。

伊之助が笑いながら呼吸が使えない玄弥を雑魚とはやし立てます。

玄弥と伊之助の取っ組み合いが始まり、炭治郎が仲裁しようとします。

暴れる伊之助をお尻に敷き、炭治郎が「一緒に行けるなら話そうと思ってたんだけど…。」と呟きます。

何をと聞き返す玄弥にお兄さんの事なんだけどと続ける炭治郎。

炭治郎は玄弥をまっすぐ見つめ、口を開こうとします。

そんな炭治郎を玄弥はじっと見つめ返すのでした。

サイト管理人

サイト管理人
3人でのほのぼのとした食事シーンですね。

こういうのはやっぱり和みます。ずっと皆でほのぼのしてて欲しいです(笑)

 

善逸豹変!?

晴天の下、大岩の上で座禅する人物が居ました。

炭治郎は差し入れの焼き魚を手に、善逸の後ろ姿に呼びかけます。

岩が動いたかどうか問いかける炭治郎に善逸は振り返りもせずまだだと答えます。

おずおずと次の訓練に行く事、ここ暫くあまり喋らなくなった善逸を心配している事を伝えます。

善逸はやはり振り返らずに良かったなと言い、自分はやるべきこと、やらなくちゃいけないことがはっきりしただけだと続けます。

善逸の異変に気付き、何かあったのかと問いかけます。

自分に出来る事があれば何でもする。と言いかけた炭治郎を遮り、炭治郎は炭治郎のやるべきことをやれ、とやはり振り返らずに言い放ちます。

善逸のあまりの豹変ぶりにオロオロする炭治郎。

なおも心配だと続ける炭治郎に、お前は本当にいい奴だ、いつもありがとうときっぱりと言います。

「これは絶対に俺がやらなきゃダメなんだ。」と言い切ります。

善逸は頭から血を流し、その瞳には並々ならぬ「覚悟」が宿っているのが見てとれます。

サイト管理人

サイト管理人
善逸の豹変ぶりに炭治郎だけでなく読者もうろたえてそうですよね。

やはり善逸の豹変は前回届けられた手紙にあるのでしょうか。

 

ツッコミ不在

日の暮れかけた竹林の中、炭治郎は迷いながらも義勇の居る場所を探していました。

すると彼の目の前にこじんまりとした日本家屋が姿を見せました。

竹林の中では水柱・富岡 義勇と風柱・不死川 実弥が木刀を手に対峙していました。

辺り一面に2人のオーラが激しく渦巻いています。

先に動いたのは実弥でした。

風の呼吸 壱ノ型「鹿旋風・削ぎ」を繰り出し、激しい竜巻が義勇を襲います。

義勇は木刀で竜巻を受けますが、受けた部分に亀裂が走ります。

藪の中で様子を見守っていた炭治郎はその速さに炭治郎は驚愕します。

しかしその動きを見る事ができ、動きを追える事に気付きます。

激しく攻め立てながら叫ぶ実弥に、義勇も呼吸をつかって応戦します。

風の呼吸 伍ノ型「雫波紋突き」と、水の呼吸 漆ノ型「木枯らし颪」が同時に決まりました。

2人の木刀が同時に根元から破壊されてしまいます。

次は素手で殺し合おうと実弥が木刀を捨て、指を鳴らして戦闘態勢に入ります。

すると炭治郎が慌てて割って入り、殺し合ったらダメだと叫びます。

実弥はさっきから炭治郎が見ていた事を気付いていたようで、さっきから盗み見しやがってと憤ります。

炭治郎は真剣かつ困った表情で「おはぎの取り合いですか?」と言います。

「もしそうなら俺が腹一杯になるまで作りますから…」と続ける炭治郎に更に激昂する実弥。

それに真面目だと慌てて返す炭治郎は両手を振りながら返します。

炭治郎は実弥がおはぎ大好きですよね?と問いかけます。

稽古の時にずっともち米とあんこの匂いがしていたし、戻って来る度に抹茶とおはぎのいい香りがしていたので、と満面の笑みで語り出します。

その様子に呆れて言葉が出ない実弥。

それを聞き、横で「不死川はおはぎが好きなのか」と言う義勇に、炭治郎が嬉々としてこしあん派か粒あん派か尋ねます。

遂に耐えきれなくなった実弥によりアッパーで炭治郎は空中へ舞い上がるのでした。

そして場面が変わり、実弥のパンチで気を失った炭治郎が目覚めます。

隣には義勇が居て、実弥は怒って行ってしまったと答えます。

どうしてケンカをしていたのかと聞くと、2人は喧嘩をしていたのではなく、稽古で手合わせをしていたとのこと。

安心した炭治郎は邪魔してすいませんと謝ります。

義勇は実弥の好物がわかって良かったと返し、今度会った時にあげようと思うと呟き、「それはいいですね」と満面の笑みを浮かべます。

そしたらきっと仲良くなれると何故か言い切る義勇に、自分もそうすると同意し、ツッコミ不在の場で2人は互いに笑みを浮かべるのでした。

サイト管理人

サイト管理人
ここへ来てまさかの実弥の好物が発覚しました(笑)

そしてこれほど善逸が居ればいいのにと思った事はないですね、誰も突っ込まないこの空間はほのぼのですが怖いですね。

 

無惨登場!

三日月の下、舌打ちながらイライラと歩く人影がひとつ。

実弥はイラ立ちながら、炭治郎の事を「調子の狂ったガキ」と悪態をついています。

そんな時、草むらで小さく音がします。

実弥は反射的に腕を伸ばし、気配を発した元をつかみ取ります。

握りしめた拳からは血が滴り落ちていて、開いた指の中から零れ落ちたのは潰れた「目玉だけの鬼」でした。

そして所変わって産屋敷邸にて。

その中の一室、庭に面した縁側が開け放たれた部屋で、お館様が横たわっていました。

その顔には包帯が巻かれていて、表情をうかがう事は出来ません。

その脇には当主代理のあまねが座して見守っています。

突然気配もなく1人の男が縁側に現れます。

包帯に覆われて見えない目をそちらに向けて「初めましてだね」と呟きます。

そこに立っていたのは鬼舞辻 無惨でした。

「…何とも醜悪な姿だな、産屋敷」と言い放ち、不敵な笑みを浮かべるのでした。

関連記事:『鬼滅の刃』最新137話ネタバレ・感想!無惨の夢の内容とは?

漫画『鬼滅の刃』ネタバレ・感想一覧はこちら

サイト管理人

サイト管理人
ほのぼのとした空気から一転、宿命の男、「鬼舞辻 無惨」が現れました。

これは次回大波乱となりそうです!

 

136話の感想

今回はとにかく玄弥の変貌ぶりが気になりました。

やはりどう考えても手紙を見てから変わってしまいましたよね。一体何が書かれていたのでしょうか。

そしてこれまでのほのぼのとは一変し、鬼舞辻が現れてしまいました。

産屋敷と鬼舞辻、この2人の対峙がこれから起こる大きな戦いの開幕の合図となってしまうのでしょうか。


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新136話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『鬼滅の刃』最新刊が今すぐ無料で読める?

鬼滅の刃 ネタバレ 136

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年11月26日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新136話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

今回はほのぼのとシリアスが詰まった濃い回でしたね。

鬼舞辻が現れる事をお館様は予想していたのでしょうか?表情はわかりませんが、あまり驚いた様子もなかったので…

このままの勢いで禰豆子が攫われたりしない事を願うばかりです。

来週も目が離せない展開となりそうですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース ネタバレ・考察 最新903話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新903話確定!カタクリが仲間になる?!

ワンピース ネタバレ・考察 最新908話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新908話確定!マリージョアの麦わら帽子とルフィ...

鬼滅の刃 ネタバレ 139

『鬼滅の刃』最新139話ネタバレ・感想!無惨と柱の戦闘開始!

鬼滅の刃 アニメ化 いつから

鬼滅の刃アニメ化の放送日はいつから?漫画を一気に読める方法も

ワンピース ネタバレ・考察 最新906話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新906話確定!革命軍が天竜人に宣戦布告!?

ハンターハンター ネタバレ 最新 379

ジャンプネタバレ速報ハンターハンター最新379話!幻影旅団とカキンマフィアは手を...