『鬼滅の刃』最新127話ネタバレ・感想!蜜璃が無事に帰還!?

鬼滅の刃 ネタバレ 127
Pocket

本記事は、2018年9月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新127話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回126話では、皆の協力を得て、遂に炭治郎は鬼の本体の頸を切断する事に成功しましたね!

本当に良かった!と、思ったのもつかの間…

頸を失くした鬼の体に里の人たちが追われていまい、ハラハラしました(◎_◎;)

頸を斬られても死なない鬼を炭治郎の刃がで切り裂き、見事に退治できて平和が戻り、禰豆子の笑顔は戦闘を忘れさせるほど輝いていましたね。

炭治郎の立場になって読んでいたら、感情がこみ上げてきてしまいました!

それでは早速、2018年9月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新127話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい。

関連記事:『鬼滅の刃』最新刊12巻発売日いつ?購入特典はある?


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』前回の内容をおさらい

思わぬ状況

皆の協力を得ながら、遂に炭治郎は鬼の本体の頸を切断する事に成功しました。

辺りは少しずつ明かりが差し、夜が明け始めています。

それに気付いた炭治郎は禰豆子に逃げろと叫びました。

そんなこととは知らず、駆け寄って来る禰豆子に叫び続ける炭治郎ですが、傷と疲労で声が出ない。

必死に止めようとする炭治郎の後ろを見て駆けて行こうとしました。

禰豆子を抱きとめて逃げろと言いましたが、禰豆子は止まらないどころか、炭治郎を越えて行こうとしました。

何が何だかわからずに振り向くと、逃げ遅れた里の人達が頸を失くした鬼の体に追われていました。

 

炭治郎の迷い

里の人間の叫び声が響き渡っています。

頸を斬られても何故か死なない鬼が…、炭治郎は落ちている鬼の頸へ目をやります。

出ていた舌には「恨み」の文字がありました。

本体は「怯え」だったはずなのに、、、、瞬時に炭治郎はしくじった事に気づきました。

今すぐにトドメを刺そうと炭治郎と禰豆子は走り出しました。

しかし辺りを日の光が薄く照らし始めています。

禰豆子の角が生えている方が焼けただれてきています。

炭治郎は禰豆子を庇って自分の体を盾にして覆いかぶさりますが、それでも顔は焼け続けます。

太陽はまだ昇りきっていませんが、禰豆子のダメージがひどく、炭治郎は焦り始めました。

遠くでは里の人達の叫び声が響き続けています。

誰かに助けを求めようとしますが、玄弥は崖っぷちにしがみついており、時任は遥か崖の上にいます。

朝日で鬼がやられるのを待つ事も考えてみましたが、その前に里の人が食べられてしまうでしょう。

しかも、禰豆子を抱えて移動しては絶対に間に合わない。

人を取るか、禰豆子を取るかの葛藤の中炭治郎は決断出来ませんでした。

その瞬間、炭治郎は高く空中へ舞い上がりました。

 

禰豆子と炭治郎の決意

禰豆子が炭治郎を空中へ蹴り飛ばしました。

空中で回転しながら、焼け爛れていく禰豆子の姿が見えます。

焼け爛れる顔にもかかわらず、禰豆子は可愛らしく笑顔を見せています。

それを見て炭治郎は全てを吹っ切れて、地面に着地したと同時に鬼を追いかけました。

注意深く匂いを探ると炭治郎は本体が鬼の心臓の中に居る事がわかりました。

里の人々の頭は鬼に捕まれていました。

しかしその腕が突然血だらけになり、宙を舞います。

「命を持って償え」と追いついた炭治郎の強い決意をした瞳が鬼を貫きました。

「恨」の心臓に隠れていた本体、「怯の小鬼」の脳裏に様々場面が走馬灯のように駆け巡りました。

盲目の男が「何故人から物を盗むのか」と聞きました。

(自分が悪いのではなく、この手が悪い)と男は思いました。

半天狗が包丁を手に血まみれで倒れている男の傍らに立っていました。

奉行所で裁きを受けている場面を思い出しました。

「別の場所でも盗みと殺しを繰り返していたな」と続ける代官に目も見えないという男ですが、代官がその嘘を見破ります。

「手が悪いと言うならばその両腕を斬る」と代官が言いました。

血だらけの着物を気にもせずに代官は続けました。

「言い逃れしようと事実は変わらない」「口封じをしても無駄だ。必ず罪を償う時が来る」

そこへ涼しげな目をした青年が現れて、明日打ち首になる男を可哀想に思って、助けてやろうと言いました。

鬼は自分が人間だった頃の記憶だと気付きました。

その刹那、炭治郎の刃が鬼に襲い掛かりました。

 

鬼を退治そして・・・

とうとう炭治郎の刃が鬼の体を心臓の中の小鬼ごと切り裂くことが出来ました。

中の鬼の頸が切り落とされると同時に鬼の体は灰になって散っていきます。

崩れ落ちた炭治郎は禰豆子を想い涙が流れてきます。

日の光に焼かれては骨も残らない事に哀しみ、涙が止まらない炭治郎に、里の人が声をかけました。

何だと思いながらぐしゃぐしゃになった顔を上げてみると、里の人は自分の後ろを指さしています。

朝日の中、一人の可憐な少女が朝日を浴びながら立っていました。

そこには、昔と変わらない姿の禰豆子が立っていたのです。

口の封印も外れていました。

あまりにも嬉しいのと驚きでで声が出ない炭治郎に…

おはよう

禰豆子は朝日で輝いたその笑顔で優しく語りかけるのでした。


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新127話 ネタバレ・考察

禰豆子の笑顔

珠世様が手紙を書いています。

手紙の内容は、十二鬼月と禰豆子の血を提供してくれた事の感謝や、浅草で鬼にされた男性が自我を取り戻した事などです。

その珠世様の様子を、近くで愈史郎が見ています。

浅草で鬼にされた男性は、禰豆子の血のお陰で無残の支配から解放され、少量の血だけで生存できる様になりました。

禰豆子の血の成分は何度も変化しています。

珠世様は禰豆子が自我を取り戻さず、子供のような状態でいる事を悩んでいます。

禰豆子は自我を取り戻すより、先にやるべき事があったからだと珠世様は察しています。

そして禰豆子が近々、太陽の光を克服できることも手紙の内容にありました。

禰豆子が人間に戻ったと思い、炭治朗は涙を流します。

しかし、禰豆子はまだ炭治朗の喋った事を真似する程度しか喋れません。

炭治朗は禰豆子が人間に戻ってはいないと気付きます。

感情を抑えきれず、禰豆子を抱きしめる炭治朗は号泣します。

禰豆子は笑顔で「よかったねえ」と炭治朗に言います。

 

兄妹の絆

そして、ツンツンしていた玄弥も炭治朗達を見て柔らかい表情になります。

炭治朗は一安心したら、急に体力の限界が来て失神してしまいました。

一方、蜜璃ちゃんは既に限界が来ていて「もう無理。殺されちゃう」と泣き叫んでいました。

しかし、憎珀天も怯鬼と一緒に消滅して間一髪助かったのです。

 

鬼を生む訳

無残(少年)の名前は俊國と言います。

無残の所へやって来たのは、俊國母と侍女です。

上弦撃破に無残は激怒していると思われましたが、逆によくやったと半天狗を褒めます。

それはもちろん、太陽を克服した鬼(禰豆子)を見付けたからです。

これで青い彼岸花は、不要になった訳です。

高ぶる感情が抑えられず、無残は俊國母の頸を撥ねてしまいます。

無残は禰豆子のような鬼を作るために、たくさんの鬼を生み出していました。

無残本人は同類を増やしたくないと思っています。

興奮状態の無残は、大人へと成長し、絶叫する侍女を瞬殺してしまいました。

 

青い彼岸花の捜索

無残を鬼にしたのは、平安時代の腕のいい医者でした。

医者は二十歳前に他界するだろうと言われた病気の無残を、少しでも長生きさせるため熱心に治療していました。

しかし、病状が悪化したため無残が激怒し、医者を殺してしまうのです。

そんな行動とは裏腹に、医者が死んでから無残にも薬の効果があらわれました。

無残は強靭な肉体を手に入れましたが、太陽の光を浴びることができない身体になってしまいます。

無残にとっては、日中の生活が制限されるのは屈辱です。

そのため、医者が調合していた薬・青い彼岸花を入手しようとしていました。

薬の調合は試作途中だっ為、詳しい原材料が分かりません。

実際に青い彼岸花が使用されているのですが、生息場所も栽培方法も明確ではなかったのです。

そこで青い彼岸花を探すのと並行し、日光を克服できる体質者を探していました。

 

蜜璃が帰還

禰豆子を巡って、今までとは比べられないほど大きな戦いが始まります。

炭治朗を心配する時透。

側には、目を覚まして時透に刀をお礼を言う炭治朗が居ます。

禰豆子は小鉄の頭を撫でています。

時透も炭治朗のおかげで、大切なものを取り戻せたとお礼を言いました。

そこへ蜜璃が帰還します。

蜜璃の力で炭治朗達は抱き寄せられ、見ていた玄弥は顔が真っ赤になってしまいました。

「生きててよかったぁああ」と泣いて喜ぶ蜜璃に「よかったねえ」と禰豆子が微笑みました。

関連記事:『鬼滅の刃』最新128話ネタバレ・感想!時透が痣出現方法を伝授?!

漫画『鬼滅の刃』ネタバレ・感想一覧はこちら

 

127話の感想

今回は、炭治郎と禰豆子が抱き合っているのを遠目に見ている玄弥くんの優しげな表情にキュンとなりました。

玄弥くんも実弥兄ちゃんと早く仲直りできればいいなぁ…と、陰ながら思います。

今回、話のキーポイントにもなった青い彼岸花ですが、薬の名前でもあり原料の一つでもあり、 薬は未完成でそれ故に日光に弱くなるという致命的欠陥がありました。

無惨様はこれを完全な物にして、日光を克服できる物にするのでしょうか。


スポンサーリンク



漫画『鬼滅の刃』最新127話の感想は?SNSをチェック!

 

漫画『鬼滅の刃』最新刊が今すぐ無料で読める?

鬼滅の刃 ネタバレ 123

zip・漫画村などの違法アップロードで読んでいる方はもう古いですよ!!!

最近では、若者の間で大流行電子書籍サービス『U-NEXT』が大人気なのは知っていますか??

漫画・書籍の品揃いの充実度だけでなく、映画・ドラマでも話題の公式サイトになります。

今回U-NEXTをオススメする理由はずばり!!!

現在、31日間無料キャンペーンというお得なキャンペーンを実施中だからです!

私も実際に、無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も不自由はしないと思いますよ!

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

また、最新配信状況は公式HPにて確認してみて下さいね。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非利用してみて下さいね。

>>U-NEXTのお申し込みはこちら<<

 

まとめ

2018年9月22日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『鬼滅の刃』最新127話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

久し振りの珠代様登場でワクワクです♪

浅草で鬼にされてしまった男性、元に戻れて本当に良かったなぁ…と、一安心しました。

人を喰っていなければ、禰豆子の血液で鬼化の症状は緩和できるんですかね。

けど、どう考えても禰豆子の血液が足りませんよね(+_+)

素直に心から「良かったな」と言ってる様子の玄弥…少し寂し気でもあり、実弥さんの事考えてるのかな。

ほんとに良い子ですよね…

鬼滅の刃は敵にも物語があり、かつ如実に描かれているのでグッと来ます…。

主人公の敵との接し方も敵を貶めるのではなく、最後まで向かい合い、情を捨てずに接しているところが、また切なくも優しい物語だなぁと思いました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャンプ ネタバレ ワンピース 最新 899

ジャンプネタバレ速報『ワンピース』899話!麦わら一味はカカオ島から脱出できるの...

鬼滅の刃 面白い 感想 評価

鬼滅の刃は面白い?つまらない?感想・評価まとめ

鬼滅の刃 ネタバレ 97

『鬼滅の刃』最新97話ネタバレ・感想!炎柱煉獄を葬った猗窩座が再登場?!

鬼滅の刃 ネタバレ 119

『鬼滅の刃』最新119話ネタバレ・感想!時透が玉壺を倒す?!

鬼滅の刃 ネタバレ 112

『鬼滅の刃』最新112話ネタバレ・感想!恋柱の戦闘シーンが解禁!?

ワンピース ネタバレ・考察 最新926話

ジャンプネタバレ『ワンピース』最新926話確定!酒天丸が仲間になる!?